事例 野村證券株式会社様 ストリーミング

ビジュアモールストリーミング、スマートカタログを導入し、動画を活用した情報共有・営業力向上を実現する環境を構築

お使いのブラウザでは一部機能が動作しない場合がございます。推奨環境

  • ビジュアモール ストリーミング

    導入事例

ビジュアモールストリーミング、スマートカタログを導入し、動画を活用した情報共有・営業力向上を実現する環境を構築

導入サービス:

ストリーミング、スマートカタログ

野村グループの中核会社である野村證券株式会社(以下、野村證券)では「ビジュアモールストリーミング」(以下ストリーミング)、「ビジュアモールスマートカタログ」(以下スマートカタログ)を導入し、社内用と社外用に配信先を分けて利用できる動画配信プラットフォームを構築しました。機密性の高い社内用動画と、お客様へお見せできる社外用動画の配信手段を別にすることでセキュリティの向上を図りました。動画を活かして、情報共有の効率化や営業力の向上に取り組んでいます。

課題と導入の効果

  • 課題

    • 1. 従来、社内放送で動画による情報共有は行われていましたが、決められた場所・時間でしか動画を視聴できませんでした。
  • 効果

    ストリーミングを導入し、タブレット端末で動画をオンデマンドに視聴できる環境を構築しました。

  • 課題

    • 2. 外交時にお客様にお見せするための動画を配信できる環境が整っていませんでした。
  • 効果

    社外用動画配信プラットフォームとしてスマートカタログを導入し、外交ツールとして動画を活用できるようになりました。

課題と導入の効果

野村證券では、2012年に8,000台のタブレット端末を導入する際、ソフトバンクの「ストリーミング」も同時期に導入し、社外からでも動画を視聴できる環境を整備しました。それまでは、社内の決められた場所でしか動画を視聴することができず、社員は視聴するための時間を十分に確保することができませんでした。「ストリーミング」を導入したことで、社内外からオンデマンド視聴が可能となり、動画を視聴しやすい環境が整備されました。

また、営業手段の1つとして、タブレット端末で商品説明などの動画をお客様にお見せできるような環境を整備したいという思いもありました。その実現にあたっては、クラウド型カタログサービス「スマートカタログ」を導入し、社外向けに動画を配信できる専用環境を整備しました。引き続き、お客様向けサービスの充実や日々の業務改善を図るべく、今後も様々な角度から動画の活用方法を模索していきたいと考えています。

お客様の声

  • 「スマートカタログ」活用例(例:顧客向けセミナー)

  • 「スマートカタログ」活用例(例:顧客向けセミナー)

  • 野村證券株式会社 ビジュアル・コンテンツ業務部長 田中 康晶 氏

  • 野村證券では、紙面だけでは伝わらない映像による情報共有に価値があるという考えに基づき、約26年前から動画制作・配信を担う専門部隊が存在しております。しかし、これまでは決まった時間に限定して放送していたため、制作本数や番組の内容にもある程度限りがありました。「ストリーミング」の導入で社内情報ポータルを構築することにより、オンデマンド配信・アーカイブを可能にし、多種多様なコンテンツの制作、中身のブラッシュアップにも繋がっています。導入後は年間約1,000本のコンテンツを制作し情報のインプットは情報ポータルが最適と認知され、弊社のインフラ基盤として確立しています。

  • 野村證券株式会社 営業業務部 FC業務課 課長代理 山田 康太 氏

  • 私の所属する部では、常に変化し続けるマーケット環境や各プロダクトの商品性等を営業担当者へ分かり易く伝えるとともに営業店の優れた取り組み等を分解し可視化した上で、そのエッセンスを共有することで営業力強化を支援しています。社内放送のみの動画展開時は、営業推進系の情報は主に紙媒体で展開していたことから内容の全てを伝えることが難しく、重要な情報も見落とされてしまうといった課題がありました。オンデマンド配信の社内向け情報ポータルを構築したことで、これまで紙で展開していた情報も動画で提供でき、より営業担当者の参考になる情報を簡潔に、分かりやすく提供できるようになりました。また、営業担当者が時間・場所を問わず欲しい時に欲しい情報を欲しい量だけ取得することができるようになったことも大きな成果と感じております。

  • 野村證券株式会社 IT基盤戦略部 情報基盤課長 鍵和田 知明 氏

  • 動画による情報共有をオンデマンド配信したいという要望はかねてよりありました。社内でシステムを自前で構築すると導入コストが大きくかかることから、クラウド型サービスも一案として検討していました。また、当社では機密性の高い情報を多く取り扱うので、セキュリティ面でもしっかりしたサービスを探していました。ソフトバンクの「ストリーミング」は通信の暗号化などの機能も備わっており、当社としても安心して導入することができました。1万人以上の社員が日々活用しておりますが、これまで大きな障害も起きることなく、安定した運用ができております。

導入企業情報

  • 会社名
    野村證券株式会社
    本社
    東京都中央区日本橋1-9-1
    設立
    1925年12月25日
    URL
    従業員数
    約12,902名(単独)(2016年3月期)
  • ※ 記載内容は2016年7月現在のものです。
  • MY事例登録

    登録しました MY事例一覧へ

  • Print
  • PDF

事例 野村證券株式会社様 ストリーミングの先頭へ戻る