番号表示サービス おとくライン(個人)

個人のお客様向けおとくライン、番号表示サービスの代表取扱サービスについてご紹介しています。

お使いのブラウザでは一部機能が動作しない場合がございます。推奨環境

  • おとくライン

    付加サービス

  • おとくライン

おとくライン

番号表示サービス

  • アナログ
  • ISDN64
  • 付加サービスパック

かけてきた相手の電話番号(通知できない場合はその理由)が、電話機などのディスプレイに表示されるサービスです。

ご利用料金

(税抜)
料金プラン 月額料金 工事費
各プラン共通 アナログ 400円/回線 1,000円/回線
ISDN64 600円/回線

ご利用イメージ

ご利用イメージ

通信機器について

  • 番号表示サービスをご利用の際には、本サービス(もしくは相当のサービス)対応の電話機などの通信機器の設置とその設定が必要です。
  • 本サービスに対応していない電話機をご利用の場合は、本サービス対応のアダプタを必ず設置してください。
  • ISDN回線をご利用のお客様で、TAのアナログポートに、本サービス対応の通信機器を接続して、本サービスを利用される場合、アナログポートが本サービスに対応したTAの設置とその設定が必要になります。
  • TAのアナログポートに電話機を接続して、電話番号を表示させる場合、TAと電話機の両方がサービスに対応している必要があります。

通信機器接続時のご注意

  • 本サービスのご提供日までに、サービス対応の通信機器にお取替えの上、サービス相当の機能を「利用する」に設定してください。
    (着信転送サービスまたは多機能転送サービスとあわせてご利用の場合、「ご利用にあたってのご注意」をお読みください。)
  • 本サービス対応の通信機器の設置とその設定がされていない場合、電話番号が表示されなかったり、通話ができない場合があります。
  • 本サービスに対応していない通信機器を接続した場合は、短い断続した呼出音の後に通常の呼出音が聞こえますので、通常の呼出音に変わってから、電話に出るようにしてください。通常の呼出音に変わるまでに数秒かかります。
  • 停電のときは、本サービス対応の電話機を接続している場合でも、短い断続した呼出音の後、通常の呼出音が聞こえますので、通常の呼出音に変わってから、電話に出るようにしてください。
  • 本サービスを利用している電話回線に、サービス対応の通信機器と対応していない自動応答端末(留守番電話機器やFAXなど)を同時に接続すると、接続方法によっては、電話番号の表示ができなかったり、途中で電話が切断される場合があります。
  • 通信機器の接続形態や機種により正常に作動しない場合があります。詳しくは各メーカーまたは、販売店にお問い合わせください。

ご利用にあたってのご注意

  • 「おとくライン」開通日に本サービス対応の通信機器の番号表示設定を行っていない場合、番号表示がされず通常とは異なる着信音が鳴ります。そのまま受話器を取ると雑音が聞こえます。
    このような不具合が出た場合は番号表示設定をお願いします。
    番号表示設定がすぐにできない場合は以下の対応をお願いいたします。
    • 1. 着信後、5~6秒程度お待ちください。
    • 2. 着信音が一度切れ、通常の呼出音が鳴り始めます。
    • 3. 受話器をお取りください(通常通り通話可能です)。
  • ダイヤルインサービスと併用する場合、ダイヤルインサービスはモデム信号方式での提供となります。
  • アナログ回線で着信転送、あるいは多機能転送の無条件転送開始中は番号表示サービスが機能しませんので、転送された通話の電話番号は電話機等に表示されません。
    また、着信転送サービスまたは多機能転送サービスと併用した場合、電話機の番号表示機能をOFFにしないと、転送中をお知らせする短い信号音が鳴りません。
  • キャッチ電話サービスと併用した場合、通話中にかかってきた番号は表示されません。かかってきた電話に出る前に、最初の電話を切っても同様に表示されません。

番号表示サービス おとくライン(個人)の先頭へ戻る