お使いのブラウザでは一部機能が動作しない場合がございます。推奨環境

SoftBank

イベント・展示会

Enterprise IT Infrastructure 2020 ~DX時代に向けたレガシーインフラの刷新と共存~

2020年2月12日

DX(デジタルトランスフォーメーション)が叫ばれる中、それを支えるクラウド環境を利用する企業が増加。『国内プライベートクラウド市場は2023年には2018年比で4.7倍の2兆7194億円に達する』とIDC Japanは予測しています。

また、昨年9月に経済産業省が公表したDXレポートで『2025年までにシステム刷新を集中的に推進し、DXに乗り出さなければ日本企業は生き残れない』とする衝撃的な提言がなされました。実際に旧システムのクラウド移行はもちろん、コミュニケーション手段の統合化、よりセキュアなネットワーク構築など課題は山積み。デジタル技術が解決の鍵を握っています。

一方、企業が保有するネットワークには、メタル回線をはじめとするレガシーなインフラが現存。NTT東日本・西日本はこのメタル回線の撤去を進めており、ADSLサービスを2023年に終了させる予定です。同様にメタル回線を使用する専用線サービスも、近年は料金の値上げが続き、企業は代替サービスの検討・選定が急務となりました。DXを本格展開するためには、基盤となるITインフラの刷新が必要不可欠。多様化する利用用途に柔軟なネットワーク回線として存在感を増しているのがモバイル回線であり、信頼性と柔軟性を兼ね備えたTwinアクセスという注目すべき商材も登場しています。

そこで日経BP総研とソフトバンクは、本セミナーを開催。先進企業の事例を紹介しながら、企業がいち早くレガシーのインフラシステムから脱却するための解決策を示す機会といたします。ぜひ、ご参加ください。

日程 2020年2月12日(金)15:00~18:00(14:30開場)予定
場所 ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター
(大阪市北区大深町3-1  グランフロント大阪 北館 B2F)
参加費 無料/事前登録抽選制
※ソフトバンク株式会社が本セミナーで取り上げる事業、サービスと競合する企業様からのお申込については、お断りさせていただく場合があります。予めご了承ください。
対象者 IT利活⽤企業の経営層、情報システム/システム企画、経営企画 など
主催 日経BP総研(イノベーションICTラボ)
共催 ソフトバンク

ページの先頭へ戻る

イベント・セミナー情報 ソフトバンク

ソフトバンク主催・協賛の法人のお客様向けイベント・セミナー情報をご案内しています。