• NEXT INNOVATOR
  • ロボット

 

「ロボスタ」の編集長である望月 亮輔氏に、今後考え得るロボットの進化の可能性や、一般への普及を妨げている現時点での問題点、そして近い将来、人との関わり方においてどのような影響をもたらす存在となっていくかを聞いた。

これまでの記事はこちら
ロボットを取り巻く社会の変化 「ロボスタ」編集長が語る、ロボティクスの現在と未来(前編)
望月 亮輔(もちづき りょうすけ)
1988年生まれ、静岡県出身。ロボットスタート株式会社 執行役員、ロボスタ編集長。2014年12月、ロボスタの前身であるロボット情報WEBマガジン「ロボットドットインフォ」を立ち上げ、翌2015年4月ロボットドットインフォ株式会社として法人化。その後、ロボットスタートに事業を売却し、同社内にて「ロボスタ」の立ち上げに加わる。

ロボティクスの可能性と、ロボットと協力して働く近未来

- コンサルティングにおいて、最近多いお問い合わせについて教えてください。
望月 :ロボットスタートではロボットの導入を検討している企業へのコンサルティングも行っています。そのためさまざまな企業様から毎日のようにお問い合わせがあります。初期段階では「ロボットで何かしたい」という漠然とした段階の話もありますが、詳しく整理していくと、最近は「人の役に立つ」ことがキーワードとなっている場合が多いと感じています。企業も1年前とは違い、ロボットがいるだけでは客寄せにならないことは分かっているので、自社の事業とどう絡めたら良いのか悩んでおり、私たちもどういうエッセンスを加えるべきかを一緒に考えながらコンサルティングしていくという流れが中心となっています。
- コンサルティングでは、どんなロボットをおすすめするケースが多いですか?
望月 :それは案件により違います。例えば、Pepperの場合、サイズが大きく存在感もあるので、人の多い場所でも見分けが付きやすいほか、開発環境も整っていて柔軟な対応ができます。一方で、Pepperは価格面から見ると一度にたくさん導入しづらい場合もあるため、学校でアプリ開発の授業に使いたい場合などには、より安価でデスクに置けるような小さいサイズのものをおすすめすることもあります。
- 現在感じている、ロボティクスの問題点について教えてください。
望月 :まず、ロボットができることと企業が求めることに差があるということです。漫画やアニメに出てくるような万能さを期待されているケースもあるので、現時点のレベルにおいて、できること・できないことを企業側に理解してもらう必要があると感じています。2点目は価格です。企業での導入に比べ、一般家庭での利用が広がることを考えるとまだ価格が高いなと思います。一般家庭に広まっていく点で価格は障壁のひとつになるので、今後は価格をいかに下げていけるかがポイントになるはずです。価格の高くなる要因の一つに、ハードの複雑化という問題があります。稼働するためのモーターがたくさん入っているとその分価格も上がり、故障する可能性も高くなります。ただ、あまり簡素にしすぎるとメカとしての魅力も薄くなるので、そこのバランスをとって価格も手頃なものが出てくるのを期待しています。
- AIとの連携によって、どのように変化・進化するとお考えですか?
望月 :AIはスマホやPCにも入れることができます。そんなAIが、ロボットとセットになる利点は体を手に入れるということです。物理的に動き、センサーで情報を取得することで、スマホでは取れない情報を吸い上げ、それをもとにAIを介して人に提案をする、といったロボットならではの機能が増えてくると思います。最近、「AIが体を手に入れる」ということに関して興味深い動画を観ました。Pepperにけん玉をさせている動画なのですが、AIのディープラーニングと連携し、けん玉の軌道を学習して次第にできるようになるという内容です。人工知能単体で見ると、軌道の学習自体がそれ程難しくないことはわかるのですが、それがフィジカルなアウトプットに落とし込まれた時に、感動するのだと気づきました。
けん玉の動画はあくまで一例ですが、人工知能とロボットの関わりが強くなるにつれ、このような感動を味わうケースが増えてくるのではないかと思います。
- IoTとしての利用価値・可能性について教えてください。
望月 :ユカイ工学の「BOCCO(ボッコ)」というロボットは、クラウドに繋がる機能をメインに据えて、外部のセンサーやIoTデバイスと連携することでユーザに価値を提供しています。こうした既存のプロダクトから想像していくと、例えばロボットには人工知能が入っており、人と会話をするインターフェースのみの役割を果たすだけで良いということも考えられます。情報の取得はIoTデバイスやセンサーが行い、人工知能を経由し分析結果を会話としてアウトプットする。ロボットはIoTデバイスのハブにもなり、各種センサーとも連携した存在になっていくのではと考えています。
- 今後さらに普及していくうえで、必要なものとは何ですか?
望月 :普及していくうえで重要なのは開発環境です。例えばスマホにとってのSNSアプリのような「キラーアプリ」が登場すれば、急速に広まっていくだろうと考えています。ですので、デベロッパーがいいアプリを開発できる環境を用意することがメーカには求められています。現状は各社のデベロッパーもいろんな角度・視点からアプリを構想している段階ですが、アイデアを掘り下げて開発できるところまで辿り着かせることが重要ではないかと思います。
- ロボットに関わる前に考えていた「ロボットのある未来の暮らし」のイメージと、現在考えるイメージにどんな差が生まれていますか?
望月 :まず「近い将来」の意味するところが変わったなと思います。昔はすぐにロボットが一家に一台入っていくことをイメージしていましたが、実際にはもう少し緩やかに成長し、当時1年後と思っていたことが3年後、5年後になるかもしれません。また、ロボットが1台あれば何でもできると想像していたのですが、未来には何台かいて、それらが連携するのだろうという考え方に変わってきました。掃除専門もいれば会話専門、ホームセキュリティの専門もいる。会話専門のPepperに「お皿を洗っておいて」と伝えたら、キッチンでロボットアームが皿洗いをするといった連携のイメージが強くなってきています。ロボットにも色んな種類が登場してきており、さらにAIやIoTとの連携という考え方が出てきた点が大きいですね。
- 社会にロボットはどんな影響をもたらすとお考えですか?
望月 :特に海外では「ロボットが人の仕事を奪う」という意見も多いですが、ロボットに詳しい人ほどそれは現実的ではないと考えています。私もむしろ「人と一緒に働く」ことが理想だと感じる瞬間が増えてきています。ある会社が作っている警備ロボットは、事前に施設のマップを記憶させることで、記憶時と現在のマップのギャップから不審物を検知してくれます。しかし、不審物を見つけた場合、それをどう処理するかは人間にしか分かりません。ロボットが効率的に不審物を発見し、処理する人間が関わることで良いパートナーとなって仕事をする。最近は協力して働くという意味で「協働」という言葉が使われており、工場などで稼働するロボットアームも協働を意識し始めています。昔は力加減を考慮せず、人に怪我を負わせてしまうこともありましたが、最近は人がいたら止まり、力を弱めるロボットアームが活躍しています。これからは社会がロボットとの「協働」を意識するようになり、あらゆる場所で人とロボットが一緒に働くシーンが増えてくると考えています。
ロボットスタートに寄せられるお問い合わせには、「潜在的に人の役に立つロボットの活用方法」を求める声が増加しているという。また、コンサルティングの際にお勧めすることが多いのはPepperのような開発環境が整っているロボットであると望月氏は語った。一方、現在の問題点として、ロボットを導入する企業には「ロボットは万能ではない」ことを知ってもらいたいと感じているほか、ハードとしてまだ価格の高い点が普及の障壁となっている可能性を指摘した。今後の進化においては、AIのディープラーニングやIoT機器の一部としてセンサーなどと連携することにより、ロボット単体で何でもするのではなく、複数で役割分担をして機能していくのではないかと予想。さらに「ロボットが人の仕事を奪う」という噂もささやかれているが、むしろ社会がロボットとの「協働」を意識し、ともに働くシーンが増えてくるのではないかという展望が語られた。

(取材日 2016.11.17)
 
ロボスタ
http://robotstart.info/
ビジネスメールマガジン(無料)

最新サービスや事例のご紹介、イベント案内、最前線の情報など、役立つ情報を配信中。

個人情報の取り扱いについて

本フォームにご入力頂いたお客さま情報は、個人情報保護法および、当社プライバシーポリシーに従い適切に管理いたします。 ソフトバンク株式会社「個人情報保護のための行動指針

お預かりしたお客さま情報は以下の目的に限り使用いたします。

  • ・弊社取り扱い製品、サービス、セミナーなどに関する情報のご案内
  • ・お問い合わせや資料請求への対応
  • ・今後の販売活動のためのマーケティング・分析活動

お預かりしたお客さま情報はお客さまご本人から、当社の運営上支障が無い範囲で閲覧、修正、削除を要求することができます。その場合はお問い合わせ先までご連絡いただけますようお願いいたします。

その他のNEXT INNOVATOR