• NEXT INNOVATOR
  • AI

メディアアーティスト、デジタルネイチャー研究室主宰、実業家という多彩な顔を持ち、テレビ番組、CM、雑誌など多くのメディアで活躍する「現代の魔法使い」こと落合 陽一氏にインタビュー。第2回は暮らしの中のAIがテーマ。AIの進化によって、日常生活の中で既にどんな変化が起き始めているのか。また、趣味・教育といった領域にAIはどのように浸透していくのか話を聞いた。

これまでの記事はこちら
(1)落合陽一が語る ~AIと仕事を分け合う時代は始まっている~
落合 陽一 (おちあい よういち)
1987年東京生まれ。メディアアーティスト、筑波大学助教 デジタルネイチャー研究室主宰、VRC理事。筑波大学でメディア芸術を学び、東京大学で学際情報学の博士号を 取得(学際情報学府初の早期修了者)。2015年より筑波大学助教。映像を超えたマルチメディアの可能性に興味を持ち、デジタルネイチャーと呼ぶビジョンに向けて研究に従事。映像と物質の垣根を再構築する表現を計算機物理場(計算機ホログラム)によって実現している。情報処理推進機構よりスーパークリエータ/天才プログラマー認定に認定。World Technology Award 2015年、世界的なメディアアート賞であるアルスエレクトロニカ賞受賞など、国内外で受賞歴多数。

家電、スポーツ、教育など、AIが暮らしの一部になっていく

- AIが日常生活に入ってきている例で「良いな」と思うものはありますか?
落合:家の中では「Amazon Echo」の「Alexa(アレクサ)」と「Amazon Dash Button」ですね。Amazonは最近天才。「Amazon Echo」は音声認識ですよね。「Amazon Dash Button」も賢いと思っています。ワンクリックさせることによってミスが無いということを人に確認させ、承認させている。人間をシステムに組み込んで使っているんですよね。

機械で全てが完結するのではなく、人間が監視ロボットみたいになっている。人は洗剤が切れたかどうか見ているし、冷蔵庫の中も見ていて無くなったらボタンを押す。人間の持っている目と脳と筋肉を使い、コミュニケーションだけ電信にするというのは良い発想ですよね。
- Amazonを一例として考えた際、今後生活の中にAIがどのようなかたちで溶け込んでいくとお考えですか?
落合:僕は夜、家でカクテルを作るのが趣味なんですけど、よくライムジュースやレモンジュースが切れるんですよ。ほかにもオレンジジュースを買いだめしておくのが僕の仕事なんですけど、「オレンジジュースが欲しいな」と思うときに「Amazon Dash Button」があると便利ですよね。冷蔵庫と「Amazon Dash Button」の組み合わせは最強なんですよ。

Amazonには別に定期便というものもありますが、定期便で対応できないようなことを「Amazon Dash Button」にしているというのも面白い。人間がセンシングとアクチュエーションをやっているのですごく楽だなと。これからのIoTやAIは、「人の知能と環境の知能をハイブリッドする」というのがキーワードになっていくのではと思っています。
- 家の中から少し離れて、趣味や教養などの分野でAIに置き換わると良いなと思うものはありますか?
落合:AIは判断機能が高いので、次はスポーツだと思うんですよね。サッカーで監督が指示を出しているじゃないですか。あれはAIのほうが早いですよ、たぶん。「あの選手は足が痛そう」とか「あの選手はバテてる」とか、見た目以上に分かると思いますね。また、試合の間に表示されるボールの支配率などのデータを使えば、もっと効率的に指示が出せると思います。

あとは教育ですね。一人ひとり違うカリキュラムを作るというのはコンピュータの得意なところで、いずれ学力到達テストが全員一緒じゃなくなる可能性は高いです。例えば、50人分のテストを刷っても先生が手で問題を書かない限りコストは変わらないし、プリント設備もオンデマンド印刷と同じじゃないですか。一人ひとり違う問題をコピーして作って、過去のみんなの点数をエクセルに入れておけば、最適な問題を選んで作成するくらいAIなら余裕ですよね。そういうパッケージをやろうと取り組んでいる企業もあります。これは面白いと思いますよ。
- 教育分野では、既に企業の動きも始まっているんですね。テスト問題を作るほかにどんなことができるとお考えですか?
落合:日本では、2020年までに文科省が大学入試の採点方式を変えると言っているので、そこにAIを組み込むようにすれば良いと思います。使う人の慣れというより、曖昧な答えもディープラーニングで改善しつつあるので、採点も含めて任せられるはずです。入試は7割くらい得点できるものじゃないですか。一問しか解けない入試だったら採点がやりにくいんですけど、7割くらい解ける入試だったら多数派になっていれば良いということです。

入試の平均点は60~70点くらいになっている場合が多いので、7割は正解になっていて3割ははずれ。そしてはずれは正解と比較してマイノリティを書くから、圧倒的に少数なはずなので、多数派を汲み取っていけば採点の精度は高くなる。だから意外とAIは採点できるんだろうなと思ってます。ただ、最初は人とのダブルチェックでコストも高くなるだろうから現段階での導入は少し難しいところがあるかもしれませんね。
- これからの暮らしで、AIが関わってきそうなキーとなる要素を教えてください。
落合:テレビですね。「Amazon Echo」はラジオ型だけど、テレビ型はもっと活躍すると思っています。テレビだと渋滞情報を見るのが大きくて楽じゃないですか。僕はデータ通信の渋滞情報をよく見るんですけど、あれと音声認識を組み合わせるとかなり良いですよ。音声なら「6チャンお願い」とか言えばリモコン探すより早いですよね。

昔の未来予想なら「電気を点けて」と言えば電気が点いて「テレビ点けて」と言えばテレビが点く。それが理想だったけど、どこまでが音声でどこからが直接操作なのかというのは難しい。でも、「電気を点けて」は結構キーだと思っています。実は電気を点けるために歩く距離って無駄なんですよね。大体スイッチは1ヵ所しかなくて、リモコンの場合はリモコンのあるところまで取りに行かないといけない。声をしっかり拾える高精細なマイクは必要ですが、音声操作との組み合わせは日常生活の中に広がっていく可能性があると思っています。
日常生活にAIが入り込んだ例として「Amazon Echo」や「Amazon Dash Button」は良いアイデアだという落合氏。すべてを機械に任せるのではなく、日用品が切れていないかどうかの監視役を人間に委ね、目と脳と筋肉をシステムに組み込んでいるところを評価しているという。これからのIoTやAIを使ったプロダクトは、このように人の知能と環境の知能をハイブリッドすることがひとつのキーワードになっていくと予測。また、サッカーの監督など、スポーツ分野におけるフィールドプレイヤーへの効率的な指示出しや、教育分野における一人ひとりに合ったテスト問題作成、印刷、採点といった仕事はAIが得意とするフィールドであり、今後導入が進んでいく可能性を示唆。さらに、日常生活においてAIの導入が今後ますます進んでいくとすれば、音声認識技術との掛け合わせが重要なキーになるだろうとも語った。

(取材日 2016.12.14)
メールマガジン「Biz News」登録

ソフトバンクの最新サービスや導入事例、各種セミナー案内などお客さまのビジネスに役立つ情報を無料でお届けします。

個人情報の取り扱いについて

本フォームにご入力頂いたお客さま情報は、個人情報保護法および、当社プライバシーポリシーに従い適切に管理いたします。 ソフトバンク株式会社「個人情報保護のための行動指針

お預かりしたお客さま情報は以下の目的に限り使用いたします。

  • ・弊社取り扱い製品、サービス、セミナーなどに関する情報のご案内
  • ・お問い合わせや資料請求への対応
  • ・今後の販売活動のためのマーケティング・分析活動

お預かりしたお客さま情報はお客さまご本人から、当社の運営上支障が無い範囲で閲覧、修正、削除を要求することができます。その場合はお問い合わせ先までご連絡いただけますようお願いいたします。

その他のNEXT INNOVATOR