• TOPICS
  • クラウド
  • イベント

SBクラウド Hackathon -Fun Christmas 2016年 12月10日〜11日に開催。
SBクラウドと一緒にクリスマスを楽しんできました!

「クリスマスを楽しもう」SBクラウドがハッカソンを開催

SBクラウドは、2016年に1月にソフトバンクとアリババグループの合弁で日本でのクラウドサービスを提供する会社として設立。設立から一年でサービス開始をするために準備を行ってきましたが、満を期して2016年12月15日にサービス開始する前に、先行でAlibaba Cloudを楽しんでもらおうと、今回のハッカソンの開催を決めたそうです。
今回のハッカソンは実は2回目。今回はサービス開始前の最終評価とするため、12月15日サービス開始の前週末の開催。サービス開始までに準備してきたすべての成果をハッカソン参加者に存分に試してもらいたいとの思いから、オープニングセッションでは、CEOのエリック氏もAlibaba Cloudの使いやすさと魅力の説明に加えて、自らハッカソン参加者へサービス内容と最終評価への協力依頼をお話され、2日間徹夜可能のハッカソンがスタートしました。
今回のハッカソンのテーマは、12月という季節に合わせて「クリスマスを楽しもう」という設定。クリスマスを楽しむソリューション開発をテーマに、クリスマスシーズンに合わせた豪華賞品を用意し、会場もクリスマス感をふんだんに盛り込んでいたり、食事やシャワーグッズまで完備していて、参加者もリラックスした雰囲気でハッキングを楽しんでいました。
1回目との違いは?今回のハッカソンでの新しい発見はありましたか。
※Future Stride編集部からSBクラウドの大石 裕一氏へインタビューしました。
1回目は2016年7月に開催しました。1回目の参加チームは15チームでしたが、今回は応募多数のため事前審査を行い8チームに絞込み、質の高い戦いが行われました。ハッカソンサイトへの反応をみても業界でのSBクラウドへの関心が高くなっているのを実感しています。また、出てきたアイデアにも前回との違いがみられました。実際にすぐビジネス展開できるアイディアやプログラムが多数開発され少数精鋭の各チームの技術力の高さに驚きました。
最優秀賞を取ったチーム「No_Ideas」は、なんと3Dディスプレイを応用したIoTディバイスとAlibaba Cloudのサーバを駆使した音声認識AIアプリを開発。かわいいクリスマスのホログラムに向かって、クリスマスに欲しいプレゼントのお願い事をすると、アプリに欲しいものが表示される楽しいクリスマスソリューションで、発表時には全員釘付けになっていました。
2日間勝負で徹夜の熱いコーディングの戦いが続きましたが、発表後の懇親会ではリラックスしたムードのなか、参加者・審査員・運営メンバー全員がコミュニケーションを深めていて、最後まで楽しく過ごせてよかったです。
今後のプランを教えてください。
各チームからの発表内容について審査員の皆さまも興味津々で、質疑応答は成果物だけではなく、アイデア、経緯、今後の可能性など熱いコメントが寄せられ、SBクラウドの各メンバーも大変刺激を受けたイベントになりました。 ハッカソンというサービス提供者とお客さまとが直に接する機会を通じて、相互に化学反応を起すことでサービス内容やビジネスに新しいアイディアなどが生まれる素晴らしい機会となりました。 今後も定期的にこのような機会を作ることが生まれて間もないSBクラウドの貴重な財産になると信じています。
(取材日 2016.12.10/11)
 
Alibaba Cloud
https://www.softbank.jp/biz/cloud/iaas/alibabacloud/
メールマガジン「Biz News」登録

ソフトバンクの最新サービスや導入事例、各種セミナー案内などお客さまのビジネスに役立つ情報を無料でお届けします。

個人情報の取り扱いについて

本フォームにご入力頂いたお客さま情報は、個人情報保護法および、当社プライバシーポリシーに従い適切に管理いたします。 ソフトバンク株式会社「個人情報保護のための行動指針

お預かりしたお客さま情報は以下の目的に限り使用いたします。

  • ・弊社取り扱い製品、サービス、セミナーなどに関する情報のご案内
  • ・お問い合わせや資料請求への対応
  • ・今後の販売活動のためのマーケティング・分析活動

お預かりしたお客さま情報はお客さまご本人から、当社の運営上支障が無い範囲で閲覧、修正、削除を要求することができます。その場合はお問い合わせ先までご連絡いただけますようお願いいたします。

その他のTOPICS