• TOPICS
  • 教育
  • 体験
  • ロボット

2016年12月12日、沼津市の加藤学園暁秀初等学校でPepperのプログラミング体験を実施! 子供たちならではのアイデアが溢れ、笑顔でいっぱいの楽しい時間が流れました。

加藤学園暁秀初等学校
「21世紀に生きる 創造性豊かな たくましい人間づくり」を校訓に、情報技術や英語教育、芸術などさまざまな分野に注力。壁を撤廃した教室や専用ICタグを使った登下校時お知らせサービスなど次々に取り入れています。

こどもたちの「やりたい!」が止まらない!Pepperプログラミング体験

2016年12月12日、沼津市の加藤学園暁秀初等学校でPepperの プログラミング体験を実施! 当日の様子やPepperプログラミング体験を始めることになったキッカケなど、講師を務めたソフトバンクの 杉田 暁彦氏に聞いてみました。
- 今回、なぜ学校での体験教室を始めようと思ったのですか?
文部科学省による「2020年からのプログラミング教育必修化」の発表を聞いたときに、ソフトバンクのPepperが使えるんじゃないか?とピンときました。もともと法人のお客さまを対象にPepperプログラミングの研修を行っていた部署でもあったので、すぐにGOサインがもらえ、早い段階でこの体験企画を実施することができました。

ただ、いざ実施となると体験教室用にまとまった台数のPepperを準備するのが大変で、あちこちの部署をまわってかき集めるのに苦労しました。
- 今回の加藤学園での授業で、子供たちの様子はどうでしたか。
普段大人相手に研修していることが多かったのですが、子供たちって本当にまっすぐな目をしているんです。一度興味がわくと目が輝いて、どんなに時間が経っても集中力が切れません。 むしろどんどん前のめりになってきて、教えた瞬間から次々に知識を吸収する そのスピードにも圧倒されました。
ある朝突然、いつもの教室に8台のPepperが現れる。そして3時間後には、各チームごとにアプリが出来る。子供たちには本当に夢のような時間だったのかもしれません。
そんな子どもたちと向き合っていたら、つい休憩時間のことも忘れていました。慌てて「休憩時間にするよ」と言った時に、そんなのいらなーい!って言われたんです。 後で先生から『普段やんちゃな子が物凄い集中力で取り組んでいる。子どもたちの新しい一面を発見できた。』と教えてもらいました。
- 完成したPepperについて、どんなものだったか教えてください。
今回は、4~5人のチーム単位でロボアプリを作ってもらいました。 中には、大人顔負けのアプリもあったりして。

驚いたのは、最初は挨拶とかバイバイとか簡単な動きだけだったのに、途中からテーマに沿って足りない情報があると、どんどん質問してくるようになったことです。

あるチームは、ファミリーレストランのテーマだからメニューを写真で表示してオススメしたい。そのメニューに使う写真の出し方を教えてほしいとか、Pepperにさせたい動きが具体的になっていったことです。 そして、アイデアを思いついたらすぐ試して、上手くいくか確認してさらに試行錯誤し始めます。お笑い芸人のような動きをさせて笑いを取るために、ツッコミの動作速度を次々と改善しているような面白いチームもありました。
これって実は、文科省の狙いになっている”物の仕組みを知る”ことで生まれる「論理的思考力」や「問題解決能力」の部分なんです。子どもの興味関心と視覚的にわかりやすいPepperのプログラミングツール:Choregprahe(コレグラフ)が上手くマッチングした相乗効果が出たのだと思います。
いろいろなPepperアプリができあがった今回のプログラミング体験。子供たちの意外な一面や、興味・関心を引き出すことで新たな可能性が生み出された体験でした。

加藤学園暁秀初等学校のみなさん、ありがとうございました!
(取材日 2016.12.12)
 
Pepperプログラミング授業、ご相談はこちら
https://tm.softbank.jp/form/contact/pepper/index.php
ビジネスメールマガジン(無料)

最新サービスや事例のご紹介、イベント案内、最前線の情報など、役立つ情報を配信中。

個人情報の取り扱いについて

本フォームにご入力頂いたお客さま情報は、個人情報保護法および、当社プライバシーポリシーに従い適切に管理いたします。 ソフトバンク株式会社「個人情報保護のための行動指針

お預かりしたお客さま情報は以下の目的に限り使用いたします。

  • ・弊社取り扱い製品、サービス、セミナーなどに関する情報のご案内
  • ・お問い合わせや資料請求への対応
  • ・今後の販売活動のためのマーケティング・分析活動

お預かりしたお客さま情報はお客さまご本人から、当社の運営上支障が無い範囲で閲覧、修正、削除を要求することができます。その場合はお問い合わせ先までご連絡いただけますようお願いいたします。

その他のTOPICS