• NEXT INNOVATOR
  • AI
  • IoT
  • ロボット

ソフトバンクが事業として推進している人工知能、IBM Watson 日本語版。しかし、なぜ今AIなのか。そしてなぜ、ソフトバンクはAIに取り組むのか。さらにはIBM Watsonが持つ魅力・特長とは何なのか。人工知能を取り巻くさまざまな疑問を解決するため、ソフトバンク株式会社 Watsonビジネス推進部の立田 雅人に聞いた。

立田 雅人(たつた まさと)
2005年、日本テレコム(現ソフトバンク株式会社)入社。災害対策ソリューション、テレマティクス事業、サーバ仮想化技術を使ったホスティングサービスを担当。その後、クラウドコンピューティング事業の立ち上げに従事し、主に事業企画やサービス開発を統括。また、エヴァンジェリストとして講演やイベントでの活動を通じ、クラウド事業の普及および市場の活性化に寄与。2015年3月からはIBM Watson日本語版事業の立ち上げに従事。現在はセールス、マーケティング全般を統括。

IBM Watson日本語版の魅力・特長。
そして生み出される、お客様への付加価値

なぜソフトバンクがAIに取り組んでいるのですか?
立田 :ソフトバンクのビジネスの中心は通信です。しかし、私たちはそれのみに留まらず、企業のお客様や一般のお客様にサービスをご提供する際には、付加価値をプラスして提供したいと考えています。例えば iPhone やPepperは、通信の先にある端末によって「お客様の生活を便利にする」という付加価値を提供していますが、AIもそうした位置付けにしたいと考えています。

Pepperを例に、AIが果たす役割について教えてください。立田 :Pepperはロボットですが、見方を変えると顔や声を検知して質問に返答するなどセンサーの塊で、そこで得た情報を回線から集めてきます。しかし、集めるだけでは意味はなく、人が見て理解できるように加工することで初めて情報に価値が生まれ、お客様にさらなる付加価値を提供するためのヒントとなることができます。この場合、インターネットを経由してあらゆる情報を集め価値を創造しようとするIoT(Internet of Things)という考えにおいては、「情報の出入口」にあたるのがPepper。そして、価値を創造するための「エンジン」がAIです。私たちは、お客様と上手に話す頭脳としてはもちろん、情報の分析・加工などの両面から通信の付加価値を高めるための試みとしてAIに取り組んでいます。
なぜ今、AIがクローズアップされているのですか?
立田 :AIは今、第三世代と言われています。第一、第二世代ではエレベーターの制御や、冷蔵庫の「冷やし過ぎない」などの調節機能として活用されてきましたが、人が話す曖昧なことを理解し、あっと驚くような知恵を出すことはできませんでした。しかし第三世代となり、AIがディープラーニング(深層学習)によって人間のように判断できるようになった。今までAIの思考は紙に書くフローチャートのように、二次元で枝分かれしていたのですが、三次元へと進化し縦や斜めなど立体的に思考の幅を広げ、より複雑な枝を張り巡らせられるようになりました。これはシナプスでつながって知恵が出てくる人の頭の中の構造と似ています。それがこの数年で実現し人間が期待する、あっと驚くようなことを指し示す存在へと進化してきたため、現在人工知能がブームとなっているのです。
IBM Watson 日本語版の魅力とは何ですか?
立田 :人工知能には色々なタイプがあるのですが、扱うデータは3種類あると考えています。1つめはデータの分析・予測。2つめは画像の認識。「人」「ゴリラ」「猿」と判別できるのが認識です。人を見て「こっちはAさん」「こっちはBさん」と判別できると認証なのですが、まだ認識のレベルです。そして、3つめは自然言語です。なぜ「自然」と付けるのかというと、文法は人が作ったものなので人工と言えます。一方、喋り言葉は文法的に間違っているかもしれませんが、コミュニケーションの流れのなかでは通じます。この自然に口から出てくる言葉を自然言語と表現しています。IBM Watson 日本語版はこの自然言語を理解できるのです。
IBM Watson 日本語版の自然言語理解で感心したエピソードはありますか?
立田 :IBM Watson 日本語版の開発時にはソフトバンクが協力し、1年間テストを行ってきました。そのなかで桃太郎の絵本を読み込ませたのですが、「桃太郎が戦っているページはどこ?」と質問をしたら「かたなをぬいて、おにたちにふりかざしました」という一文が載っているページを教えてくれたのです。今までコンピュータが文字を判断するときには辞書を登録して覚えさせていました。これをテキストマイニングというのですが、「戦う」であれば「戦う」「戦って」「戦い」、また類義語の「喧嘩する」「争う」などを登録して「戦う」という言葉を見つける技術でした。しかし、従来のテキストマイニングでは喋り言葉やそれに近しい自然言語的な文章が多いSNSなどから読み取って正しい判断をさせようとすると、登録された言語以外の出現が多く間違ってしまうことが多かったのです。「かたなをぬいて、おにたちにふりかざしました」を「戦う」と認識するのは、単語だけではなく文章の意味を理解しないとできません。これは驚きでした。
ビジネス視点から、ソフトバンクがIBM Watson 日本語版を選んだ理由を教えてください。
立田 :ビジネスにおいて競争の激しい市場をレッド・オーシャン、競争のない市場をブルー・オーシャンと捉え、ブルー・オーシャンを開拓していこうという考え方があります。それに照らし合わせると、数値データの分析・予測はビッグデータが世の中に認知されているので、間違いなくレッド・オーシャンです。また、画像の認識もレッド・オーシャンになりつつあります。それに比べて自然言語は、ビジネスに使える領域に達しているものがほとんどないブルー・オーシャン。さらに日本市場に目を向けると、日本語は世界トップレベルの難しさです。例えば英語で「This is a pen.」と書くと、全ての語の間にスペースが入りますよね。これを“分かち書き”と言うのですが、日本語で書くと「これはペンです」となります。スペースが入らないと、コンピュータはどこで分けて良いのか迷ってしまうのです。また、英語は主語の後にすぐ動詞が来るので、主語と述語が最初に分かりやすい。一方、日本語はどこに動詞が来るのか最後まで聞かないと分からない場合が多く、日本語独特の“ゆらぎ”もあります。私は「やばい」を悪い意味と捉えますが、若い人は「やばい」を「スゴい!」のように良い意味で捉える。こうした複雑な日本語を理解できるAIはIBM Watson 日本語版以外にしばらく出てこないと判断し、手を組みました。
Pepperと連携する需要はどのくらいあるのですか?
立田 :Pepperを店頭に置いた場合、人間と対面でコミュニケーションを続けるためには方言なども含めた自然言語を理解でき、考えて話せる柔軟な頭脳が必要です。そこで役に立つのがIBM Watson 日本語版です。現在、IBM Watson 日本語版を連携させたPepper導入の商談を多くいただいております。
- 今後、ソフトバンクのあらゆるサービスにIBM Watson 日本語版を連携させるのですか?
立田 :人工知能はある分野に関して専門的に何でも答えられる、SF映画に出てくるような存在ではありません。人間と同じように学習させ、子供から大人へと育てていく必要があります。色々な日本語を教えるのは時間がかかり、急には成長しませんので自然言語に関してはしばらくIBM Watson 日本語版しかないだろうと思っています。しかし、視野を狭めずに、ほかのAIに隠された可能性も見つけたいと考えています。ソフトバンクはお客様にとって1番良いものを組み合わせる、ベスト・オブ・ブリードの考え方を持つ会社です。自然言語ではIBM Watson 日本語版ですが、他は通信に付加価値をつけるうえで最も良い選択肢から選んで提供していこうと思っています。
通信へ付加価値をつけるという考え方から、IBM Watson 日本語版を推進するソフトバンク。すでにIBM Watson 日本語版はディープラーニング(深層学習)ができ、人の頭脳に近い思考経路を持っているため、ビジネスへの展開が期待できる。得意な分野は「データの分析・予測」「画像の認識」「自然言語」。そのなかでも、正しい文法で書かれた文章ではなく、人の喋り言葉のように曖昧でも意味は通じる「自然言語」への理解力の高さが大きな特長だという。また、世界の言語の中でも非常に難しい日本語を理解できる先駆者的なAIでもある。ソフトバンクが考えるお客様にとって1番良いものを組み合わせるベスト・オブ・ブリードの一例として、現在はPepperとの連携で多くの商談が舞い込んでおり、通信にIBM Watson 日本語版という付加価値が提供され、ビジネスの世界に大きく広がっていく準備が進んでいる。


続きの記事はこちら
人を助け、幸せにするAI 〜AI導入のメリット・留意すべきこと〜
関連リンク
AI技術を活用した革新的なソリューション発掘を目的とした次世代ビジネスオーディションです。
次世代ビジネスオーディション「AI Creation」
IBM Watson 日本語版
(取材日 2016.09.02)

Future Strideの新着情報も配信しています。

メールマガジンの登録はこちら ビジネスメールマガジンの登録はこちら
その他のNEXT INNOVATOR