キャッチ電話サービス おとくライン(個人)

個人のお客様向けおとくライン、付加サービスのキャッチ電話サービスについてご紹介しています。

お使いのブラウザでは一部機能が動作しない場合がございます。推奨環境

  • おとくライン

    付加サービス

  • おとくライン

おとくライン

キャッチ電話サービス

  • アナログ
  • ISDN64
  • 付加サービスパック

通話中に他の人から電話がかかってきた際、割込音でお知らせします。電話機のフックボタンを操作することにより、通話中の相手を一時的に保留にして、後からかかってきた相手と通話することができます。

ご利用料金

(税抜)
料金プラン 月額料金 工事費
各プラン共通 300円 無料

ご利用イメージ

ご利用イメージ

ご利用にあたってのご注意

  • 番号表示サービスと併用した場合、通話中にかかってきた電話番号は表示されません。
  • 番号通知リクエストサービスと併用した場合、番号通知リクエストサービスによる着信拒否が優先されます。
  • 多機能転送サービスと併用した場合、次のようになります。

    <アナログ回線の場合>

    • 無条件転送:無条件転送を優先します。なお、転送中をお知らせする短い信号音は送出されません。
    • 無応答時転送:あらかじめ設定した時間内に、お客様が、「キャッチ電話サービス」で応答した場合には、転送されません。

    <ISDN回線の場合>

    • 無条件転送:無条件転送を優先します。
    • 無応答時転送:あらかじめ設定した時間内に、お客様が、「キャッチ電話サービス」で応答した場合には、転送されません。
    • 話中時転送:空き回線(Bチャンネル)がない場合は、話中時転送を優先します。
  • 着信転送サービスと併用した場合、着信転送サービスが優先されます。また、転送中をお知らせする短い信号音は送出されません。
  • 三者通話サービスをご利用中にキャッチ電話サービスはご利用できません。
  • ダブル番号サービスを開始状態にした場合、主電話番号への着信はダブル番号サービスが優先されます。
  • 着信お断りサービスと併用した場合、迷惑電話として登録された電話番号からの着信は、着信お断りサービスによる着信拒否が優先されます。
    • ※ フックスイッチまたはフックボタンを長く押しすぎると、通話が切れることがあります。
  • キャッチ電話サービスは代表取扱サービス/ダイヤルインサービスとの重複利用はできません。
  • 通信中着信通知サービスのお申し込みは不要です。標準で対応しています。
    (ISDN64の単独回線のみご利用可能です)

キャッチ電話サービス おとくライン(個人)の先頭へ戻る